<< 12月 | main | 季節の果物 >>
私たちが死んだとき世界は沈黙していた


チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの
「半分のぼった黄色い太陽」 を読み終わりました。
図書館の予約を入れているときから
朝日新聞でも大きく取り上げられていて、
すごく楽しみにしていた本。
作者もきれいな人。
読み始めて一気に引き込まれました。
ビアフラ戦争があって、
日本にいるナイジェリア人はイボ族出身が多い、というのは
別の本で読んでいたけれど、
内側から語られることはまた違う。

カバーの絵も好きです。
特に足の裏。

昨日、仕事の後にUPLINKへ
access AFRICAN ART
− 東アフリカ・アート・ビエンナーレ出展作家を中心に −

を見に行ってきました。
展示されている作品数は多くないものの、
やっぱり生で見れるってすごく良い。
おすすめです。
| other | 01:52 |